ステップ

では、ハンドクリームは、どのようにして手肌に使うことがポイントなのでしょうか? ここでは、ハンドクリームの塗り方のステップをご紹介します。

1. 手肌の全体になじませるハンドクリーム

ハンドクリームは、手肌全体にしっかりとなじませましょう。 手の甲にたっぷりのハンドクリームをのせて、もう片方の手で指先までまんべんなくなじませます。
同じ動作をもう片方の手にも繰り返すことで、おおよその保湿が完了します。

2. 指の一本一歩までしっかりとマッサージ

小指から親指の順で、指のつけ根の関節から指先に向かい、円を描きながらマッサージします。めぐりを促すことで、うるおいが不足しがちな指先まで、保湿成分をしっかりと浸透させることができます。

3. 指圧マッサージで、コリをやさしくほぐす

親指と人差し指の間を、もう片方の親指のお腹で指圧しながらマッサージしてみましょう。コリがほぐれてリラックスできます。

4. 爪や爪のまわりにも水分と油分を

ささくれや皮むけなど、手荒れの印象が目立ちやすい指先のポイントケアが重要。
手のぬくもりを利用することで、爪のまわりや爪に、ハンドクリームを擦り込むように塗れますので、うるおいをしっかりと浸透させることができます。

これらのポイントをしっかりと意識することで、ハンドクリームによる手肌のケアがしっかりと行えます。
丁寧なケアこそが、ハンドクリームの効果を最大限に発揮してくれますので、気持ちを込めて、を意識するようにしましょう。